初期費用はどのくらいで回収できるの?

太陽光発電に必要な費用は、どのくらい? > 良くある質問 > 初期費用はどのくらいで回収できるの?

初期費用はどのくらいで回収できるの?

太陽光発電の初期費用は大きいので、検討をしている人の多くは見積もりの時点で導入をやめてしまうということもあります。

ですが、国からの補助を受けることが出来ますし、初期費用は回収できるといわれています。

とは言っても、実際どのくらいの期間で回収が出来るのか気になるところですよね。

ここでは一般的にどのくらいの期間があれば回収することが出来るのか、このことについて確認をしてみましょう。

一般的には10年

img04.jpg まずどのくらいの期間があれば回収をすることが出来るのかというのは、設置をする太陽光発電によって違いがあります。

普通の電化製品のように、お店で売っている物をそのまま取り付けるというのではなく、それぞれのお家に合わせてカスタムメイドしていきます。

なので、正確な年数はそれぞれ違いますが、一般的には10年あれば回数が出来るといわれています。

もちろん、太陽光発電を導入する時の初期費用を出来るだけ押さえれば、その分回数にかかる期間も短くなります。

ちなみにどうやって初期費用を回収するのかというと、太陽光発電を導入したことで削減できた電気料金の他に、発電をして余った電力を電力会社に買い取りをしてもらうことで回収をしていきます。

電力が余ればその分多く買い取ってもらうことができるので、意識して節電をすることにも繋がります。

一般的な太陽光発電の保証期間は10年あるので、費用を回収するまえに故障をしてしまったとしても、無償で部品を交換してもらうことが出来ます。

10年を長いと考えるか短いと考えるかは人によって違いますが、初期費用を回収することができるとわかれば、導入も検討しやすいですよね。